アクションネット

アクションネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

終戦記念日

終戦記念日 次世代へ語り継ごう 県内各地で集会や慰霊祭
西日本新聞
62回目の終戦記念日の15日、県内でも自治体や市民団体などによる戦没者慰霊祭や戦争や憲法を考える集会や催しが開かれた。知覧町の特攻平和会館も多くの見学者が訪れ、戦争の愚かさや平和の大切さをあらためてかみしめた。 鹿児島市城山町の探勝園では、同市主催 ...(続きを読む)


62回目の終戦記念日 「戦争の真実語り継ぐ」 高校生らが誓い
西日本新聞
終戦記念日の15日、戦没者を悼み、恒久平和を誓う行事が県内各地で開かれた。年を追うごとに戦争体験者が少なくなる中、「戦後レジーム(体制)からの脱却」を掲げる戦後生まれの首相が誕生して初めて迎えた「8.15」。無念の死を遂げた人たちへの祈りの一方、「戦争 ...(続きを読む)


靖国参拝者は16万5千人/終戦記念日
四国新聞
靖国神社は15日、今年の終戦記念日の参拝者数を昨年より約9万3000人減の約16万5000人と発表した。 小泉純一郎前首相が現職首相として21年ぶりに参拝した昨年の約25万8000人や1昨年の約20万5000人を大きく下回った。(続きを読む)


終戦記念日の15日、各地で平和考える集い
朝日新聞
終戦記念日の15日、各地で戦没者を悼み、平和を考える催しがあった。 広島市中区の原爆ドーム前では、中高校生や詩人らが原爆や反戦の詩を朗読する集会があり、市民や外国人ら約100人が聴き入った。 私立鈴峯女子中・高校(広島市西区)の生徒9人は峠三吉「原爆詩集 ...(続きを読む)



靖国参拝速報!−終戦記念日:平和への誓い新た サビエル聖堂前で鐘 ...
靖国参拝はなぜ終戦記念日なのでしょうか?日本のために亡くなられた方の参拝なら(言葉が悪いですが)日本が負けた日というのはどうかと思うのですが。むしろ、日本の誕生日である建国記念日のほうがふさわしいかと。非常識な質問ですがよろしくお願いし ...(続きを読む)


戦争体験者
サンパウロ新聞毎週水曜日に文協記念講堂(聖市リベルダーデ区サン・ジョアキン街三八一番)で開かれている「水曜シネマ」で、終戦記念日に合わせた特別イベントとして、戦争体験者四人による座談会が十五日午後一時から同講堂で行われる。 ...(続きを読む)


8月15日は終戦記念日
1945(昭和20)年のこの日に日本の長きにわたる戦争が終わりを告げた。当日正午にラジオから流れた昭和天皇の「終戦の詔書」により、国民は敗戦の事実を知る。「朕深ク世界ノ大勢ト帝國ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ… ...(続きを読む)


62回目の終戦記念日
第二次世界大戦の日本が終戦、いや敗戦でもある日から62年が経過した。 私の母方の祖父は、大正13年生まれ。 戦争に幾度といった。 三件隣の近くに住んでいることもあり、時々会いに行くが、必ず出てくるその時代の話。 私の父は、両親が山形で ...(続きを読む)





スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。